圧力鍋で鶏ガラスープをちゃちゃっととって、お料理をもっとおいしくもっと楽しく…

お料理
この記事は約3分で読めます。

鶏ガラスープを取るなんて…

どうも、おざすん!
病ングたなじん編集長のたなじんです。

ですよね、、

わかります。。

鶏ガラスープを取るって、鍋を何時間もぐつぐつさせるイメージっすよね…

いやまぁ実際はそうなんですけどね、、

そんなわけで圧力鍋をつかって、ちゃちゃっと時短でつくっちゃおうぜ!

というレシピです。

圧力鍋で鶏ガラスープの取り方

出来上がり1000mlの分量です。

用意する材料

材料 できあがり1000ml分
鶏ガラ1羽分
1500ml
小ネギ3~4本
生姜1かけ(30gほど)

材料に関してひとこと

鶏ガラスープといえばネギの青い部分を使うのが通例です。しかし、わたしは普段の料理でほぼほぼネギをつかいません

余らせてしまうのです。。

なので

  • 小ネギ
  • 万能ねぎ
    (万能ねぎも、実は小ネギです笑)

を使います。

残った小ネギは、3㎝幅に刻んで

  • しょうゆ
  • ごま油
  • 白ごま

と和えればごはんのお供や、ちょっとしたおつまみになります。

つくり方

手間がかかるような先入観がありますが、実際は簡単です!

(1)の工程:下準備

鶏ガラ

市販の冷凍された鶏ガラを
「表面がやわらかく解凍されたかなぁ~」
くらいになるまで流水に浸して洗う

そして

鶏ガラが全部入るほどの鍋にたっぷりの水(分量外)を沸かし、表面が白くなるまで(3分くらい)茹でて冷水にとる

ガラに残っている内臓や血合い、余分な脂肪をきれいに取り除き、

できる程度でいいので細かくする

※細かくする際は、ケガに注意

生姜

包丁の腹でつぶす

小ネギ

根を落とす

必ずではないが、鍋に入る程度の長さに切る

(2)の工程:材料を煮る

圧力鍋に

  • 水1500cc
  • 鶏ガラ
  • 生姜
  • 小ネギ

を入れて沸騰させる

灰汁を取り除き蓋をして加圧する

(3)の工程:20分加圧

圧が下がらない程度の弱火で20分ほど加圧し、火を止めたら圧が下がるまで放置調理

※10分程度で圧を抜いても可

(4)の工程:煮詰める

圧が下がったら蓋を外し

  • 小ネギ
  • 生姜

を取り除き、

ぐつぐつしない程度の中強火で1000mlになるまで煮詰める

これには、蓋をして煮込むと鶏ガラの臭みがスープにこもるので、こもった臭みを揮発させる効果もある

(5)の工程:ザルで濾して完成

はい、もう完成です笑

ストック保存する場合

  • 冷蔵保存は2、3日
  • 冷凍保存で2~3週間

ほど保存できるので、冷凍の場合は小分けにして保存すると使う際に便利です。

使う場合は、冷凍のまま鍋で加熱すればOK!

まとめ

このように、圧力鍋をつかうことで30~40分程度でできちゃうわけです!

いったん火にかけちゃえば、ほぼほぼなにか料理の片手間でできる、という点もかなりのメリットなのではないでしょうか?

できあがった鶏がらスープは

  • 塩胡椒してただのスープ
  • カレー
  • ラーメン
  • もつ鍋
  • などなど

用途もたくさん!

それでは最後に〆の言葉で締めくくります。

「料理は手間をかけたほうがおいしい!」

最後まで読んでいただきありがとうございます!

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました